エステタイム社内報2019.12

ロマン(目標とする会社像・私たちの存在意義)

人々の毎日の暮らしに、美しく生きる力を。

美しさは人を強くし自信を与え、暮らしに活力を与えます。そして、強さは人をよりいっそう美しく輝かせます。だからこそ、私たちは美容と健康で人々に強さを呼び覚まし、人生に活力を与える存在でありたいと考えています。

お客様を若く、美しく、健康へと導くことによって、自信を取り戻していただくきっかけとし、明るく、前向きな人生を歩んでいただくためのお手伝いをするためには、科学的根拠に基づく「理論」、理論を具現化した「技術」、おもてなしの心が宿る「接客」とによって満たしていくことが大事。

だから私たちは、お客様の喜ぶ全てのことをやれるよう、自らの知識とスキルを磨き上げるだけでなく、相手を思いやる優しさを忘れず、人間味溢れる心豊かな企業であり続けたいと願っています。

 

輝いている、あの人の仕事術

社内で輝いているあの人に、何を考え、どんなことを悩み、どんな気づきを得て克服してきたかをインタビュー。

私の手にしか、できない仕事

熊田 愛子

  • 課長・教育トレーナー
  • 参加している研修やプロジェクト
    脱毛営業研修
    痩身営業研修
    TR商品営業研修
    船井総研営業力アップ研修
    作業改善プロジェクト

エステティシャンになったきっかけは?

高校生の頃から専門学校に行くか大学に行くか迷うぐらい、美容のことが好きでした。結局は大学に進学しましたが、たまたま先輩の紹介で個人サロンでバイトをすることになり、そこで自分もエステを体験して実際に肌がキレイになったり体がスッキリしたり、実際にお客様がキレイになっていくのを目の当たりにして、人をキレイにするエステのお仕事っていいなと思ったのがきっかけです。

 

エステティシャンになったばかりの頃はいかがでしたか?

1週間で辞めたくなりました(笑)華やかな業界だと思っていたし、すぐに入客出来ると思っていたのですが、最初は、礼儀・礼節、身だしなみ、店内の掃除、カルテの整理整頓などの基本を厳しく指導され、そういう細かい業務をやることにギャップがありました。自分は何のためにこの仕事を始めたのかなと、一時期分からなくなることもありました。

はじめは先輩スタッフの接客と比べて、私がしている接客はお客様の表情が違っていたり警戒されていたのですが、基本を厳しく指導いただいたおかげで、お客様に受け入れられるようになり、お客様とのコミュニケーションの楽しさや人をキレイにする仕事に、やっぱりこの仕事を選らんで良かったなって思いました。

礼儀・礼節、身だしなみ、店内の掃除が行き届いていないと、それが結局は売上にも反映してきます。基本的なことですが、今でも大切にしていることです。

最初に入客したお客様のコースは覚えていますか?

絶対に忘れません!(笑)電気脱毛に1回も入ったことなかったのに、いきなり2時間コースを任せられたこと。毛が濃い人なのかなとドキドキしながら入ったら、ほとんど毛が無くて(笑)。印象が強かったのが、そんな毛の薄いお客様から「私、コース時間足りないですよね」と言われこと。どうしたらわからなかったけど、先輩に相談したとおりにご提案したら「やります!」とおっしゃっていただいたことです。

 

エステティシャンになられてからの失敗談を教えてください。

ナノホワイトを貼ったまま1時間お客様を放置してしまったことです。先輩が一緒に謝罪してくれました。幸いにも大きなクレームに発展はしませんでしたが、やってはいけない事でお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。

 

エステティシャンになられてからの成功談は?

成功と言えるかですが・・・。新卒入社して、その年度の2月に主任になったことです。2年目に係長になって、入社7年目に課長になったこと。自慢なのが1回も降格したことがないことです。「追加でとってなんぼや」と尊敬する先輩スタッフから言われ続けていたので、新規客に頼らずに売上を上げることを指導していただいたことに感謝しています。

カウンセリングの勉強は今でも継続しています。サロンで空いている時間にやったり、電車でノート見たり、お風呂上りにやったり。休みの日は競合サロンに通うこともあります。エステタイムはコース内容も価格も優れているんだなと、あらためて気づかされることもありますし、悪いところも見えてきます。自分が体験したからこそお客様にもリアルにお伝えすることができることがカウンセリング力アップにも繋がっています。

 

今まで辞めたいと思った事はありますか?

ありますよ!(笑)私の場合は異動が多かったので、最初はやる気があるんですが1時間半~2時間もの通勤時間のストレスで、辞めたいと思った事があります。

 

エステティシャンを辞めたいと思っても続けられた理由は?

お客様の存在とスタッフのチームワークの良さがあるからです。やっぱり、なんだかんだ言ってもスタッフが助けてくれましたから。それぞれのスタッフがそれぞれの役割を果たしてくれることで、自分も安心してお客様とお話しできるんだと感謝しています。お客様にも恵まれて、また来週来るよって言っって頂ける関係性があったからこそ、それがブレーキとなり、辞めたいとは思っても続けられた理由でしょうか。

 

熊田さんにとってのモチベーションとは?

お客様をキレイにしたい、という気持ちがいちばんのモチベーションです。その気持ちがエステの仕事を夢中にさせます。カウンセリングしたお客様に、今後も見て欲しいと言っていただけることは嬉しいし、自分がこれからもアドバイスしてあげたいなって思えます。女性が最前線で働ける環境や、頑張れば頑張るほど評価をしてくれる雰囲気にもモチベーションを感じています。もちろん、それを支えてくれるスタッフやお客様に対して、より良い物を還元したいという気持ちが、モチベーションに繋がっているなって思います。

 

仕事とプライベートのバランスは?

京都洛南店に配属されてから考え方が変わりました。通勤に1時間半かかるので朝早く起きないといけないし、夜も帰りが遅いので、休みの日はしっかり自分の体調や気持ちを整えることを大切にできるようになりました。週1日はしっかり休んで、週1日はしっかり遊んでリフレッシュしています。

 

将来のエステティック業、将来の自分はどうなっていると思いますか?

エステティック業は、まだまだ伸びると思うんです。特に、痩身エステは美容と健康の意識が高まって人口の層が厚い40代・50代・60代の需要が高まっていると実感しています。

今、トレーナーとして数店舗の管理を任されています。1店舗だけでなく、複数店を管理することの面白さと難しさがありますが、これからは教育にも力を入れエステタイムの接客やサービス品質が全店で統一できるようにしていくことが目標です。エステタイムのスタッフみんなが、もっとお客様のお役に立てる存在になってもらえるよう励んでいきたいです。

 熊田課長に聞く成長のポイント
  • 礼儀・礼節、身だしなみ、店内の掃除などの基本はいつも大切に
  • 与えられた仕事は成長のチャンス!勉強する→実行する→何が良くて悪いのかを明確に→また勉強するというサイクルを常に回す
  • 仕事にしっかり専念できるように、休みの日はしっかり自分の体調や気持ちを整える

 

ESTETIME INSTAGRAM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です